LEEWAYS Real-estate Investment Technology

COMPANY
会社概要

不動産の可能性を形にする

LEEWAYS株式会社のミッションは「ITによる不動産投資環境の再構築」です。
プロとの情報格差によって、これまで投資家たちは、ある意味不利な立場で投資をしなければならなかった状況でした。 必要な情報がないまま投資判断を促され、「投資は自己責任が原則」を隠れ蓑にし、投資家の目的にふさわしくない物件を販売する業者も数多い状況でした。
不動産投資は決して悪い投資ではありません。悪い投資のやり方があるだけです。
Gate.により不動産投資の環境に透明性を導入し、運営効率を上げるバリューアップを提案します。 また、投資パフォーマンスを大きく左右する出口(売却)に最も効率のよい環境を提供します。
私たちはITを徹底的に活用することで、不動産投資環境が格段に改善され、不動産投資市場を拡大することができると考えています。 不動産業界、特に不動産投資業界にはまだまだ多くの課題がのこされています。 過剰供給による資産価値下落への対処、投資評価に必要な各種データの整理、強引な営業手法の排除、投資価値評価方法の浸透、不動産バリューアップ手法等々。 そうした課題を一つ一つLEEWAYSが解決していきます。

経営理念

Leeways 経営理念

我々の目的はエトス(信頼)を獲得することである。
エトス(信頼)はロゴス(論理)とパトス(感情)がなければ得られない。
わが社でロゴス(論理)よりも重要な資質はパトス(感情)である。
「ロゴス(論理)<パトス(感情)<エトス(信頼)」の精神がわが社の経営理念である。

ETHOS(信頼)

企業には信頼(エトス)がなくてはならない。誠実で真摯な対応と取組をしっかり積み上げていく実績こそが、長く成果を生み出す組織のボディとなる。

PATHOS(感情)

企業には感情(パトス)がなくてはならない。誰よりも情熱をもって考え誰よりも情熱をもって取り組むという姿勢が、誰よりも高い成果を生み出す組織のガソリンとなる。

LOGOS(論理)

企業には論理(ロゴス)がなくてはならない。我々が何のために存在し、何を創り出すのか、必然性と合理性をきちんと根拠を持って説明できることが高い成果を生み出す組織のエンジンとなる。

役員紹介

プロフェッショナルをサポートする事業を展開してまいります。

役員紹介を見る

Leeways株式会社の歩みをご紹介いたします。

会社沿革を見る 

会社情報

会社名 リーウェイズ株式会社
設立 平成26年2月3日
資本金 224,934,000円
資本準備金 164,934,000円
会社概要 海外不動産の売買、賃貸、管理及びその仲介並びに保有、運用
インターネット及びコンピュータ等の情報処理端末機器を利用した情報処理サービス業務
情報提供サービス業務
インターネット等のネットワークシステムを利用した通信販売業
不動産、資産運用のコンサルティング業務
東京本社 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山5階
Googleマップ
TEL: 03-6712-6745(代表)
FAX: 03-6712-6749(代表)
大阪支社 〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-3-1-400
大阪駅前第1ビル4F 1-110
Googleマップ
TEL: 06-6136-7388
FAX: 06-6136-7389
代表取締役社長 巻口 成憲
取締役 志賀 誠一
大塚 一輝
顧問 川田 憲治
岡野 淳
顧問弁護士 TMI総合法律事務所
東京ウィル法律事務所
所属団体 社団法人 全日本不動産協会
日本マンスリーマンション協会
許認可事項 宅地建物取引業免許
国土交通大臣(1) 第9180号

Seminar
セミナー