住宅ローンの金利交渉を成功に導くために知っておくこと

 

Hand gestures of a businesswoman and businessman in meeting.

 

 住宅ローンの負担を減らすために、金利はできるだけ低く抑えたいところです。金利を抑える策として、これまでは「繰り上げ返済」や「借り換え」などの方法が主流でしたが、近年は住宅ローンの金利交渉をする方も増えてきています。
 住宅ローンの金利交渉を行うメリットおよびデメリットと、住宅ローンの金利交渉で成功するための秘訣をご紹介します。

 

― 住宅ローン金利交渉のメリットとデメリット ―

 ■金利を安くすることで返済額を減らせるのがメリット

 住宅ローンは一般的なローンと比較して、金利は低いものの受けることができる融資額が大きいため、利息を含むトータルの返済額がかなりの金額です。そこで住宅ローンの金利交渉を行って金利を低く抑えることができれば、返済額を減らすことができます。
 また借り換えと比較すると申し込みの手間や時間がかからず、手数料が安い点も金利交渉のメリットです。

 ■交渉が成立しない場合にさまざまなデメリットが生じる

 住宅ローンの金利によって生じる利息は、銀行の売上げとなります。融資する側は長く借りてもらうことで利益が生まれるため、顧客がほかの銀行で借り換えをして一括返済をされてしまうと利益が減ることになってしまいます。そこで、「借り換えをしない代わりに、住宅ローンの金利を安くしてほしい」と交渉を行う方が増えているのです。
 しかしなかなか交渉が成立しないと後に引けなくなり、実際に借り換えをしなければならなくなった場合に借り換えの際に時間や手間がかかり、新たなローンを組むための手数料がかかるなどのデメリットも生じます。

 

― 住宅ローン金利交渉で成功するための秘訣 ― 

 ■融資を受ける立場として信用を積んでおく

 先述の通り、銀行は融資を通して生じる利息によってビジネスが成り立っています。このため、「きちんと返済する人であるかどうか」は、銀行にとって融資をする際の重要なポイントとなっています。
 住宅ローンの金利交渉をする場合、クレジットカードやローンなど金融機関を通した信用取引の実績を重ねておくと良いかもしれません。信用を積んだ上でローンをよく利用する方であれば、銀行にとって新たなローンを利用する可能性を秘めている大切な顧客として見てもらえるため、交渉成立しやすくなります。

 ■具体的なプランの書面を作成しておく

 「借り換えをするつもりがある」というのはあくまでも交渉時の駆け引きであり、実際の狙いは住宅ローンの金利を安くすることです。しかしその駆け引きを見抜かれてしまうと、交渉がしにくくなります。
 そこで、どこの銀行で借り換えをするつもりなのか、借り換えをするとどれだけ返済額を減らすことができるかなど具体的なプランの書面を作成しておくと良いでしょう。こうしておくことで本気であることが伝わり、交渉が成功しやすくなります。

 

Cropped shot of two businesspeople shaking handshttp://195.154.178.81/DATA/i_collage/pi/shoots/805355.jpg 

 

 住宅ローンの金利交渉を成功させるためには、心理的な駆け引きなどの交渉の技術よりも、信用を積んだ上で希望している事柄をわかりやすく相手に伝えることが大切です。信頼をベースとした交渉を心掛けることができれば、それだけ希望が通りやすくなるでしょう。

 また、 "税金対策もコストを下げる方法" の一つです。弊社のサイト「Gate.channel」で紹介しているので、そちらも確認しておくとよいでしょう。

gatechannel

 

 

 不動産の可能性を形にするリーウェイズ株式会社が運営
 している不動産投資を考える全ての人のため情報サイト
 です。