必見! 年収300万円から始める不動産投資の運用方法

 

Businessman tearing the word Impossible for Possible

 

 投資というと年収が高く経済的にゆとりがある方がしているようなイメージがあります。しかし、現在はハイリスク・ハイリターンな投資商品ばかりではなく、年収300万円の方でも気軽に始められる投資商品が数多くあります。中でも不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資商品で、安定的な収入を見込めることから、多くの方に人気があるものです。ここでは年収300万円から始める不動産投資の運用方法をご紹介します。

 

― 年収300万円で不動産投資を始めることができる理由 ―

 投資を始める際には、運用のための資金が必要となります。不動産投資であれば投資物件を購入する必要があるため、ある程度まとまった資金を準備しなければなりません。このことから、不動産投資をするのに年収300万円では無理なのではないかと思う方もいるようです。
 しかし、不動産投資をする際に物件をキャッシュで一括購入する方は少なく、多くの場合ローンを利用することで投資物件を購入することになります。投資物件の購入は住居用の物件を購入するのではなく事業用の物件を購入するため、事業ローンを利用します。
 そして不動産投資による家賃収入の中から、ローン返済と諸費用を差し引いた金額が利益ということになります。元手がなくても不動産投資をはじめられる理由がここにあります。

 

― 年収300万円でどうやって投資のための資金を捻出したら良い? ―

 投資物件をローンで購入した場合、不動産の運用による家賃収入からローンの返済分が差し引かれるので利益が少なくなります。不動産投資でできるだけ利益を大きくしたい場合には、投資物件をキャッシュで一括購入するのが最も良い方法です。
 しかし長い人生で病気やケガなど何が起こるかわからないため、手元にある貯金のすべてを使って物件を購入するのはリスクが高いと言えます。このような場合は年収の一部をETF(上場投資信託)や投資信託などで増やしていき、まとまった資金を貯めることから始めると良いでしょう。
 これらは、1万円~5万円程度で運用することができるので、年収300万円の方でも比較的に始めやすいと言えます。ある程度のまとまった資金を作ることができたら、それを頭金にして融資の金額を抑えて投資物件を購入するという方法もあります。

 

― 年収300万円の方の不動産投資物件の選び方 ―

 不動産投資は資産運用の中でもリスクを抑えて安定的な収入を得ることができる特徴を持っています。しかし購入する投資物件によって利益が大きく左右される上に、空室になると家賃収入が入ってこないため、物件選びは慎重にする必要があります。
 年収300万円の方が投資物件を購入する場合、購入しやすい手頃な価格でなおかつ空室になりにくい物件を選ぶことが大切なポイントとなります。このため高額な新築マンションや一棟マンションは購入するのが難しいため、中古マンションの一室のみを購入する区分マンションを選択すると良いでしょう。
 中古マンションは手頃な家賃であることから空室になりにくいという特徴があります。さらにその物件が駅から近い場所にあれば、リスクをさらに抑えることができます。
 

businessman hike on the peak of rocks mountain at sunset, success,winner, leader concept

 

 不動産投資は年収300万円の方でも始めることができます。弊社が独自開発した「Gate.」では人工知能を利用した分析や予測で、ビッグデータをもとに手持ち資金で不動産投資をした場合、20年後収益どのくらい出るかなどのシュミレーションすることができます。このシステムを活用すれば、手堅く不動産経営をしていくことができるでしょう。
 弊社サービスを利用し、安全な投資である不動産投資を始めてみてはいかがでしょうか。
 

service_pic_gate-beta

 

【次世代不動産プラットホームGate】
ビックデータ(4000万件超)を独自開発した人工知能
が分析することで客観的な将来収益予測が可能になりま
した。将来収益予測に基づく不動産の収益価値を知る事
が出来る唯一の分析ツールです。