STEP.4
Gate.で客観分析
物件選定・投資分析

分析・物件の選定・投資分析の考え方をご説明します。

不動産の購入は手段であって、
目的ではありません。

投資指標の理解が大切

不動産投資が一般的になってきましたので、漠然と何かしら投資を始めなければとの思いで、不動産投資を始める方が多くいらっしゃいます。当初は資産形成、所得アップを目的としていた方が、いつの間にか不動産を購入することが目的になってしまい、未公開物件だからと冷静な判断をせず飛びついて、失敗されてしまうことが多く見受けられます。不動産投資は投資であり、事業ですから、収益分析及びリスク分析並びに冷静な判断力が必要です。

Gate. School に参加する Gate. Channel を読む

目標・目的に適した物件の選定

当初のミーティングで決めた方針に沿って、投資目的に合う物件を探します。目的に合わない物件を購入することは失敗の原因となりえます。不動産投資は、他投資と比べて投資総額が大きいため、最初に失敗物件(=分析結果で損が想定される物件)を購入するとリカバリーがとても難しい一面があります。
不動産市場には毎日たくさんの物件が供給されますが、分析にかけると購入に値する物件はかなり限られています。多数の物件から分析結果を基に、投資目的に合う良い物件だけをご提案します。

多様なネットワークから集まる公開・非公開物件の中からご案内

未公開物件=優良物件とは限りません。
公開物件の特徴は、投資家同士の競争が激しいという点です。
未公開物件の特徴は、競争が限定されているという点です。
未公開物件は競争が相対的に少ないため、公開物件より購入機会に恵まれますが、物件自体が良い収益物件かどうかは全く別問題です。公開、非公開に限らず分析した結果に基づいて投資判断することが重要です。
当社では、公開物件はもちろん、金融機関、弁護士、税理士、士業等、幅広い不動産業者とのネットワークから多数の未公開物件も取得しております。その中から投資家の目的に適した物件を選定して、ご案内しています。

Gate.Screening で一括分析

数万件の投資物件を一括査定、分析し、収益性の高い物件だけを瞬時に選別することが出来ます。これらを可能にする当社が独自開発した「Gate.Screening」です。

【詳細はこちら】
https://gate.estate/screening

Gate. Screening を試す

Gate. Investment Planner で詳細分析・物件の提案

収益性が高い物件が選択出来たら、次は詳細分析です。
現在から将来までのキャッシュフロー予測、様々な投資指標を瞬時に分析し、投資家毎のコンサルティング結果を反映した投資分析レポートを作成し、ご提案致します。

InvestmentPlanner は、金融機関や大手不動産事業者様に導入されている高精度の将来収益予測が出来る投資分析シミュレーターです。
このInvestmentPlanner は、プロから一般投資家まで全ての方がご利用頂けます。

【個別に投資分析したい方はこちら】
https://gate.estate/service/planner/

Gate. Investment Plannerを試す

物件の分析と選定方法( 一部をご紹介)

物件が決まれば、契約に向けて手続きを進めていきます。
購入後の管理運営、リノベーション、出口戦略まで一貫してサポートしております。